モテないのは包茎が原因!そう思っていた私は…

モテないのは包茎が原因!そう思っていた私は…

MENU
RSS

なんとなく恥ずかしい仮性包茎というのは

ペニスの先の亀頭の最先端部分には、おしっこが出てくるための穴があります。

 

亀頭の裏側になる穴の下部分と皮がくっついているところに組織が筋状になっているものが確認できます。

 

この小さな組織のことを包皮小帯というわけです。

 

治療技術が十分ではないドクターに包茎手術をお願いすると、包皮の長さのバランスが崩れてしまう場合があるのです。

 

オペハサミ

 

そうなった方では、小学生未満の頃のように包皮小帯が違和感を感じるようになります。

 

なんとなく恥ずかしい「仮性包茎」というのは、無駄な包皮があることなのです。

 

ですから一人エッチをするときは、皮を伸ばしてしまうような方法ですと、どうしても仮性包茎になることが多いのです。

 

昔は包皮小帯(裏スジ)を手術で取れば、早漏の症状が改善されると思われていました。

 

近頃は、早漏の症状解消には効果的ではないことがわかり、包皮小帯の切除を行うクリニックはほとんどない状態です。

 

大勢の人が悩んでいる仮性包茎は、通常の暮らしに問題なく、ベッドインをするときでも激しい痛みがあるわけじゃないので、全員外科的な手術が必須というものとは違います。

 

男性器を膣内に入れる前に射精に至ってしまうとか、たった1分ももたせられない症状が数年間変わらない、そのような深刻な早漏を、どちらも解決不可能だと感じている恋人同士の二人やご夫妻だって結構いるはずです。

 

真性包茎の方は、皮をむいて亀頭を出すことが不可能なので、恥垢を洗ってきれいに落とすことが機能的にとても難しいのが現実です。

 

このことが「ちょっとでも早く手術を受けるべきだ」とされている理由のひとつということです。

 

普通は、仮性包茎だと包皮を引き下ろして亀頭をだすことが行えるので、あなた自身のやり方次第で皮が勝手に剥けるような癖をつけて、恥ずかしい仮性包茎を解消することは実現可能なことなのです。

 

当たり前ですが、時間の経過とともにツートンカラーは消滅するものです。

 

切開縫合などの手術をしてもらって露出した亀頭部分が、徐々に本来の色になっていってくれるからなのです。

 

体内に最初から含まれているヒアルロン酸を男性器の亀頭に注射するのが、最近話題の『亀頭増大術』。

 

手術はせずに注射だけだから、友人や家族にもばれずにパワーアップ可能なのもメリットです。

 

余った包皮を切り取った場合にできる傷口を縫い合わせたラインを境界線として、今までの部分と新しく出てきた部分の皮のカラーに違いがあります。

 

こうしてできる色の差が俗にツートンカラーなんて呼ばれる理由です。

 

女性が夫や恋人の真珠様陰茎小丘疹の症状から、「感染症などの怖い病気」と心配することが少なくありません。

 

これを受けて、最近は包茎治療の病院などで除去手術をするケースが多くなってきています。

 

亀頭直下法だったら、包皮を縫い合わせる場所が亀頭のカリ部分のすぐ下になりますから、縫合した後で他人の目が気になるツートンカラーになることがありません。

 

ここ数年は術後も安心な亀頭直下法が、包茎手術で最も多い方法になっているのです。

 

包皮を剥ける仮性包茎の男性でも、常に皮をむいて清潔さを保持できていない人の場合は、真性包茎の状態の男性と変わらず、亀頭周辺は恥垢だらけになって、相当きたない状況になるのです。

 

以前は亀頭下の包皮小帯を切除する手術を受けると、早漏の症状が改善されると言われていました。

 

この頃は、早漏の症状解消には全然影響がないことが判明して、包皮小帯の切除を行うクリニックはほとんどない状態です。

 

もしも包皮小帯を残す方法をやってもらいたいのであれば

亀頭とペニスの包皮の隙間に病気の元にもなる恥垢がたまるわけですから、余分な皮がある仮性包茎の男性は普段から皮をめくり下ろして、トラブルの原因になる恥垢を落として清潔にすることが不可欠です。

 

今、早漏に悩まされている男性は10代や20代の若者に限った問題じゃなく、全ての年代で一緒のトラブルで困っている男性は、相当人数が増えています。

 

包茎の悩みを相談する

 

共通の基準は存在していませんが、世間では早漏は男性の性器をパートナーの膣の中にインサート後2分くらいまでで、持ちこたえられなくなってしたくないのに射精する状態を指します。

 

男性器の根元部分ですとか陰嚢周、肛門などというような、尖圭コンジローマのいぼが、コンドームを利用したとしてもカバーするのが無理な範囲まで広がっている場合は、SEXのたびに恋人にも病気をうつすかも知れないということなのです。

 

新開発のうつ病を治すための薬の成分に、射精を抑えることができる効果があることが発見され、早漏に効く治療薬として医療現場でも使われるようになりました。

 

体ではなく脳に作用することで早漏治療を行うものです。

 

もしも包皮小帯を残す方法をやってもらいたいのであれば、技術が優れているドクターを見つけることと、テクニックに比例した高い金額の出費が必要になります。

 

だけど、検討してみることは大変有意義です。

 

一般的には、包茎治療を行うのと同じときにやる人がほとんどなんですが、包茎手術を受け終わってから、数週間程度してから亀頭増大を行う方や、亀頭増大だけを希望する方などそれぞれ違うのです。

 

亀頭増大術や強化術というのは、手術を伴わない注射だけで解決できる治療のやり方で、傷口が腫れることはないわけですから、迷わずスタートできる男根の問題解決法なのです。

 

一番に誤解があってはならないことは、真珠様陰茎小丘疹は恐ろしい病気とは違うっていう真実です。

 

誰にでも起きうる生理現象の一つですから、否応なく医者に診てもらうという必要はないのです。

 

感染症の症状がどんな具合に進行していくのかは、患者ごとの違いが出てきますが、尖圭コンジローマの症状をきちんと直さなければ、ブツブツが大きくなることもあるし感染している部位が拡大してしまいます。

 

一般的にはちょっとした仮性包茎の方なら、上手に包皮をめくって洗うことによって、清潔な状態になるのです。

 

垢がなくなれば嫌な臭いもしないし、包茎であって早漏にはなっていない人も少なくありません。

 

通常は、仮性包茎の方であれば包皮をずり下げて包皮から亀頭を出すことが行えるので、本人の頑張り次第で皮が勝手に剥けるような癖をつけて、長年悩んだ仮性包茎をよくすることは実現可能なことなのです。

 

皮と亀頭の間に嫌な臭いの恥垢が残留してしまうので、包皮が余った状態の仮性包茎の方は常に皮をめくって、たまった恥垢を除去することが大切なのです。

 

万一仮性包茎に悩んでいても、清潔にしていると怖い感染症や性病から逃れられるのです。

 

他人からの視線あるいは性交渉についていい面もありますが、手術となれば欠点も無いとは言えません。

 

真珠様陰茎小丘疹というのは、ペニスの亀頭に見られる白く小さなブツブツのことなのです。

 

セックスが原因の性病に違いないと誤解される場合がしばしばありますが、そうではなくて自然な生理的な現象です。