亀頭にへばりついた尿及び精液の残りかすをそのままにして

モテないのは包茎が原因!そう思っていた私は…

MENU
RSS

亀頭にへばりついた尿及び精液の残りかすをそのままにして

カントン包茎である男性だと、ペニスが大きくなる前に包皮を引き下ろして皮から亀頭を出すことができていても、性行為の際の勃起した際に露出させようとしたら、オチンチンが締められることになり、痛いことが珍しくありません。

 

亀頭にへばりついた尿及び精液の残りかすをそのままにして、キレイな状態をキープしていなかったのが原因となっているので、恥垢が溜まっている人は、全く皮がむけない真性包茎とか、亀頭をきれいにするのが大変な方がほとんどです。

 

勃起さえすれば、まあまあ亀頭の皮が勝手に剥けるほとんど正常な仮性包茎をはじめ、勃起しているのに、常に亀頭が出てこない、深刻な仮性包茎もあります。

 

フォアダイスをニキビに近いものだと考えている男性が多いということですが、ニキビのときのように、つぶせばそうやっただけで完了なんてことはありません。

 

フォアダイスが生まれる仕組みは、汗腺という器官の中に体内で発生した脂肪が詰まることによってできてしまう生き物として当然の生理現象ともいえるもので、発生のメカニズムはおおよそニキビと変わりません。

 

猛烈な臭いの元になったり、個人差がありますが、亀頭包皮炎、尿道炎などの病気に苦しめられる確率も高くなるので、なるべく恥垢は常に洗い流したり布で拭きとるとうまくいきます。

 

この頃は、早漏に悩まされている男性は30歳前までの若い男性だけのことではなく、全ての年代で似たような悩みのあるという方は、大変多いのが現実です。

 

亀頭部分の一番先っぽのところには、尿の出口となる穴が存在します。

 

この小さな穴の下と包皮をつなぐところに薄い筋のような部分があります。

 

この小さな組織のことを包皮小帯と呼んでいるわけです。

 

女性がパートナーの真珠様陰茎小丘疹の外見で、「セックスで感染した性病」なんて誤解するというのはよくあることなのです。

 

このため、この頃は包茎治療の専門クリニックなどで除去してもらう例が多いとのことです。

 

恥垢というのは、尿道球腺液ですとかバルトリン腺、その他体内からの分泌物などが水分を失って亀頭の周りに貯まった垢の名前です。

 

わかりにくいかもしれませんが、一言でいえば精液とオシッコが乾燥して貯まっているのです。

 

恥垢を洗い流さず汚い状態を続けていると、深刻な性感染症の元凶になります。

 

よく知られているものでは、怖い陰茎ガンや性器カンジダ症などの心配があります。

 

恥垢のことを軽く考えないほうが賢明です。

 

まだ挿入していなくても射精に至ってしまうとか、たった1分ももたせられない…こんなことが数年前から継続している、こんなしつこい早漏を、双方ともあきらめている恋人や夫婦だって結構いるはずです。

 

亀頭下側の包皮小帯は、切除せずに残しても切り取ってしまっても、SEXの際の快感という点ではメリットは何もないとされています。

 

しかしながら、包皮小帯(裏スジ)を切除しないほうが自然に感じるので残すことがほとんどです。

 

「亀頭のサイズに自信がない」あるいは「早漏」や「先細り」の問題で、少しでも心配になったという方には、安心安全の亀頭増大・強化術を試していただきたいのです。

 

どうか専門のカウンセラーに、迷わず相談するのがオススメです。

 

裏スジともいう包皮小帯が普通と比較して短ければ、包皮が余っていなくても、包皮が亀頭に被るのが通常の状態になる男性も少なくありません。

 

このケースだと、包皮小帯に余裕を持たせる処置を行うことにより改善が可能なのです。